北九州新人演奏会

1974年に北九州市の所管で第1回目を実施、一時中断された年もありましたが、1996年に北九州音楽協会に運営を移譲され、北九州市と共催の形となり、現在では本協会の中核的事業の一つとなっています。

大学や専門学校等でクラシック音楽を学び、音楽家として社会に巣立つ気鋭の若者への祝福と激励を込め、本協会の目的の一つである「若い音楽家の育成」のためにも極めて意義のある事業です。

また、日頃の研鑽の成果を、北九州市が誇る国内屈指の音響効果を兼ね備える「響ホール」で演奏出来る絶好の機会でもあります。 これまで出演した若者たちはそれぞれの分野で大きく羽ばたいています。


過去の新人演奏会